国家資格キャリアコンサルタント

現代社会において、劣悪な労働環境による早期退職が増えたり、キャリア形成の多様化が進んだりと、転職活動が盛んになる中、単なる書面上のマッチングだけではなく、転職志望者本人の能力・興味関心・価値観などに基づいたキャリアチェンジを支援する必要があります。
そうした時代背景から、キャリアコンサルタントの重要度は増し、社会的ニーズも高まってきています。

ジェイックでは求職者に対して高水準のキャリアコンサルティングを提供するため、全社員に対して資格取得を推進しており、資格取得者や、現在資格取得講座を受講中の社員を合わせると、30名を超えています。

その有資格者の一人である村田へインタビューし、資格取得にあたり大変だったこと、取得前後で何が変わったかなどを聴かせてもらいました。

村田 美里さん(ムラタ ミサト)

新卒で某大手人材系企業へ入社し、その後転職してジェイックへ。

ジェイックへ入社後は20代の若者の就職支援担当として従事。プロのキャリアカウンセラーとして活躍中。

※取得資格 CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)

なぜCDAを取得しようと思ったのか

ジェイックでの面接中、沢山の社員と面談をさせていただいたのですが、その時の面談スタイルが、他社の面談スタイルと大きく異なり、それに感動したのがきっかけでした。

他社で面談を受けると「それってもっと~~した方が良かったよね」というような、『指摘』が多かったです。

一方でジェイックで受けた面談では「村田さんって将来どんなことしたいの?」というような、私が求める未来を深堀りしてくれたんです。結果的に、私はそれまで気付くことが出来なかった自分の深層心理に気付くことが出来て、それが今の仕事にも繋がっています。

後から話を聞くと、その面談を担当してくれていたジェイックの先輩社員の方は、そういった面談スタイルをCDA取得を通して学んだとのことだったので、「私も取得したい!」と強く思うようになりました。

ジェイックで得られた資格取得へのサポート

CDAは取得するのにお金がかかります。そのためジェイックには、取得にチャレンジする人に対して2種類の経済的な援助をしてくれる社内制度があります。

1つ目は、会社に対して事前申請し、承認を得ることによって受け取ることが出来る、受験費用の負担です。1年に1回「今年挑戦します!」という宣言を募るタイミングがあり、そこで宣言をすることにより、資格取得に必要な講座の受講費用や、取得試験の受験費用を会社から負担してもらうことが出来ます。

2つ目は事後申請でも良いのですが、実際に資格取得試験に合格した後に、取得にかかった費用とほぼ同額をお祝い金として受け取ることが出来ます。

私はこの2つ目の制度を活用し、今回資格を取得しました。

その他そういった社内ルール以外のところでは、既に取得済みの先輩がロープレに付き合ってくれたり、中には模擬試験を作り、採点までしてくれたりと、合格するために非常に重要なサポートをしてもらえました。

資格取得が日々の仕事で活きていると感じる瞬間

求職者様への対応のスタンスが「アドバイス」から「傾聴」へと変わりました。

キャリアアドバイザーと聞くと、なんとなく就職活動に関する知識があり、色々とアドバイスをしてくれる人のようなイメージを持たれがちです。そういった理由から、人から無理強いをされるのが嫌で、キャリアカウンセリングに一歩踏み出せない人がいたりするのも事実です。

しかし実際の私たちのキャリアカウンセリングは、アドバイスをするのではなく、求職者様自身の心の中にある答えに気付かせるために、質問を繰り返すスタイルです。なので「押し付けられている」「誘導されている」という感覚よりかは「引き出されている」という感覚になる方が多いと思います。

無理やり押し付けられた会社への就職は、入社後の価値観の不一致から早期退職に繋がりがちです。ですが、自分の心の中にある価値観を軸として選んだ企業に就職することで、入社後もイキイキと働くことが出来るようになる方が多いです。

これから資格取得に挑戦する人へアドバイス

具体的な勉強方法の話になりますが、CDAのテキストの中には5人の心理学者の話が出てきます。その中で「この人の考え方は自分に合うかも!」と思ったら、その人の本を読んでみると良いと思います。

あとは、資格取得済みの先輩を上手く使うことが大切だと思います。

筆記試験対策や面接ロープレなど、お願いできることはガンガンするようにしてみてください!私ももちろん協力します!